デザイナーの専門学校とはどのようなところか

一口にデザインの専門学校といっても、その中身や種類は様々です。漫画やアニメーション、WEBサイトの制作の専門分野のものもあるし、アクセサリーや衣服のデザイン系の専門分野もあります。基本的に何かのイラストや装飾品の配置や製作をしていく技術を学ぶのがデザインの専門学校です。まず専門学校への入り方ですが、そこまで難しくはありません。たいていは、高校卒業時の進路として選ぶ人が多いようです。専門学校というのは、需要に対して、供給過多にある傾向があるので、入学なども、試験は難しくなく、中には試験なしで書類さえ書けば受かるというところもあるくらいです。
入学後は、大学のように基礎教養などを学ぶことはなく、専門的な知識をいきなり学び始めます。はじめは理論的なところから学び始め、ある程度知識がついてきたところで実習関係の講習に移ることが多いです。卒業後の進路は、様々ですが、個人のデザイナー等の事務所に見習いとして入る場合や、会社に即戦力として入社する場合もあります。